復興は私の使命

東日本大震災 2011.03.18 遠野釜石

 3月18日は釜石市、大槌町、遠野市に入りました。
釜石市はJR・三鉄の釜石駅付近まで津波が来ていました。平田、唐丹の片岸・港町・鵜住居の被害は凄まじく言葉もありません。40年近い歳月と1,000億円を超える巨額の事業費をかけた湾口防波堤も壊れてしまいました。しかし、もしも湾口防が完成していなければ被害は更に甚大なものとなり、犠牲者の数も大幅に増えていたのではないかと思います。
大槌町の町内、吉里吉里も壊滅状態です。吉里吉里の避難所に伺いましたが、家を失い身内の安否を気遣いながらも皆さん元気で秩序正しく生活されていました。子供達も皆で雑巾がけをするなど、自分達の出来ることを各々きちんとやっておられました。
遠野市は内陸部にあって、沿岸被災地の後方支援基地として役割を果たしています。他市町村の救助のため、市長を先頭に奮闘しておられました。
県の対策本部も盛岡に置くだけでなく、遠野市あたりに前線本部を設置すればもっと迅速かつ効率的な救援活動が出来たはずであり、混乱状況にあるとはいえ県の対応には問題があると思います。


2011.3.18

kamaishi_0318_01.jpg
kamaishi_0318_02.jpg
kamaishi_0318_03.jpg
kamaishi_0318_04.jpg
kamaishi_0318_05.jpg
kamaishi_0318_06.jpg
kamaishi_0318_07.jpg
kamaishi_0318_08.jpg
kamaishi_0318_09.jpg
kamaishi_0318_12.jpg
kamaishi_0318_13.jpg