東日本大震災 2011.03.31 後援会の方々と支援物資を搬入しました。

 3月31日、後援会の方々と支援物資を搬入しました。
盛岡市本宮地区の私の後援会である「俊旗会」の皆さんが、広く救援物資を募り、山田町の大浦へおコメ・衣類・自転車・ランドセルなどを届けて下さり、私も同行いたしました。関係皆様のご厚意に深く感謝申し上げます。
山田町の大浦は漁協のある中心部は流出し、高台にあって家屋の倒壊を免れた方々も未だ停電が続き、、不自由な生活を余儀なくされております。
大浦の小谷鳥地区は数軒を残して壊滅状態で、町管理の小谷鳥漁港は外壁がほとんど壊れていました。
大浦は純漁村と言える地域であり、その復興は水産業をいかに建て直すかにかかっています。
漁船・漁具などの生産手段は当面、漁協を中心に協業化し、漁港・産地市場・冷凍施設などの基盤整備を着実に進めていかなければならないと思います。


2011.3.31

 

3月31日山田町大浦写真

110331_01.jpg
110331_02.jpg
110331_03.jpg
110331_04.jpg
110331_05.jpg
110331_06.jpg
110331_07.jpg
110331_08.jpg