4月2日、大島副総裁・石破政調会長の被災地視察に同行しました。

 4月2日、大島副総裁・石破政調会長の被災地視察(野田村・久慈市)に同行しました。
各々、小田村長、山内市長と復旧・復興に向けた現時点での課題、問題点について意見交換をいたしました。
野田村・久慈市とも発災直後と比べ瓦礫の撤去は進んでおりますが、集められた瓦礫の処理の問題(例えば分別・野焼き・埋立地への活用等)、水産業の再建支援の問題、今後の街づくりの問題(防浪堤の整備、高台への宅地整備、公営住宅の整備)などについて意見や実情をお聞きしました。
石破政調会長からは、今回のご意見を参考にして、すでに3月30日、政府に申し入れをした第一次緊急提言につづく復旧・復興案の策定を行うことが表明されました。
その後、私は田野畑村に入り、上机村長から現在の状況・課題についてお話を伺うと共に、託された救援物資を避難所へ搬入いたしました。


2011.4.2

 

110402b_01.jpg 110402b_02.jpg 110402b_03.jpg 110402b_04.jpg 110402b_05.jpg 110402b_06.jpg