岩手県たばこ耕作組合・政治連盟の総会及び定期大会に出席しました。

 岩手県たばこ耕作組合・政治連盟の総会及び定期大会に出席しました。
岩手県、とくに営農条件が不利な県北地域においては、葉たばこ耕作は他の作目に代えることの出来ない重要なものであり、地域経済を支える柱になっています。
しかし、民主党政権になってからは「たばこ税」の大幅増税・禁煙率の目標設定などによって葉たばこ生産者には厳しい状況が強いられております。こうした政策の中で、たばこの消費量も減少の傾向が進んでいますが、私たちの地域経済を考える時、葉たばこ生産が安定的に継続されることが大切です。
かって、私共、自由民主党たばこ・塩特別委員会では、岩手を中心に生産されるバーレー種と九州を中心として生産される黄色種との労働時間単位での買入れ価格差を補填する制度を作りました。これからも、私たちの地域経済にとって重要な葉たばこ耕作を守るため努力して参ります。

2011.5.25

岩手県たばこ耕作組合・政治連盟の総会及び定期大会 01 岩手県たばこ耕作組合・政治連盟の総会及び定期大会 02
 岩手県たばこ耕作組合・政治連盟の総会及び定期大会 03  110524_shun_04.jpg