復興は私の使命

5月6日・7日、自由民主党の東日本巨大地震緊急対策プロジェクトチーム(以下P・T)の先生方と被災現地視察及び各種団体との意見交換会を行いました。

 5月6日・7日、自由民主党の東日本巨大地震緊急対策プロジェクトチーム(以下P・T)の先生方と被災現地視察及び各種団体との意見交換会を行いました。
自民党のP・Tは発災直後に発足し、精力的に協議を重ね、これまでに第一次・第二次の緊急提言を取りまとめ政府に提言して参りました。
私も去る4月13日に党本部で開かれたP・T会議に出席をして岩手の被災状況、復旧と復興に向けた課題について発言致しました。
この度は、被災地である岩手で被災状況を視察した上で、復旧活動にご尽力頂いている各種団体から「生の声」を伺い、23年度第二次補正予算に向けて我が党の提言を行うために行われました。
党本部からはP・T座長の小里泰弘代議士、P・T次長の片山さつき参院議員、P・T幹事の山田俊男参院議員、谷公一代議士、そして逢沢一郎国対委員長が来県致しました。
5月6日の現地視察は、後方支援基地の役割を果たしている遠野市そして被災地である大槌町・山田町・宮古市で行いました。
各々の市町村で首長さんからの説明を受けると共に、被災現場、避難所の状況などを視察しました。
5月7日は盛岡で岩手県医師会、看護連盟・協会、県漁連、JA岩手五連、建設業協会、商工会連合会、商工会議所連合会の各々の会長さんにご出席頂き、多くの貴重なご意見、ご提言を頂きました。
この度、頂戴したご意見は自民党の第三次緊急提言に載せると共に、23年度第二次補正予算に可能な限り反映出来るよう努力して参ります。

2011.5.7

110506_07_01.jpg 110506_07_02.jpg
 
110506_07_03.jpg 110506_07_04.jpg 110506_07_05.jpg 110506_07_06.jpg 110506_07_07.jpg 110506_07_08.jpg 110506_07_09.jpg 110506_07_10.jpg 110506_07_11.jpg 110506_07_12.jpg 110506_07_13.jpg 110506_07_14.jpg 110506_07_15.jpg
 
110506_07_16.jpg