山田町商工会総代会

 東日本大震災から3ケ月半が経過し、各被災地では生活再建への動きが活発化してきております。
被災地域の経済の支えは、水産業とともに商店をはじめとする商工業です。山田町では津波によって商工会所属会員の約80%が被災してしまいました。廃業を余儀なくされた方々もおられますが、多くの方々が事業を再建するために立ち上がっておられます。こうした方々に対する支援を行う商工会の役割は大変大きなものがあります。
山田町商工会は発災後、早々に山田町再建のビジョンを取りまとめたり、仮店舗の設置など商工業再建へ向けての重要な役割を果たしてきました。
本日の総代会に出席して、町内の商工業の方々の事業再建への熱意を感じ、郷里山田は必ず復興できると確信しました。

2011.6.29

 

110629_s01.jpg110629_s02.jpg