8月7日 八幡平市浅沢地区中山間地域総合整備事業完成式典

 旧安代町の浅沢地区における中山間地域総合整備事業は平成12年度に着工以来、11年の歳月と11億2千万円の事業費をもって完工いたしました。
 中山間地は平場と比べ様々な面でハンディキャップのある条件不利地域です。中山間地域総合整備事業は、農道・集落道・ほ場・用排水路などの生産基盤の整備等を行い、不利な条件の改善を図る事業です。
 浅沢地区の事業においても、生産基盤整備のほかにも、地域の歴史的財産である「浅沢神楽」の伝承館の建設、また、平成19年の水害で被害をうけた岩木橋の架け変えなど各般にわたる整備が行われました。
 私もこの事業を導入するにあたり、北舘安代町長(当時)から陳情をうけ、事業採択に尽力した者として、事業が完成し地域の方々から改めて感謝して頂き、感慨一入のものがあります。

2011.8.7

110810_02_01.jpg110810_02_02.jpg110810_02_03.jpg110810_02_04.jpg