9月11日 知事・県議会議員選挙

 東日本大震災で延期をされていた岩手県知事選挙と県議会議員選挙は9月11日に投開票されました。
今回の選挙は多岐にわたる県政課題の中で、ことにも大津波災害からの復旧・復興をどのように進めるのか、また、この非常時におけるトップリーダーの資質が問われる戦いでした。
いわて復興県民の会が推薦する高橋博之候補は、極めて短い準備期間で選挙に臨み、精力的に遊説を行いましたが、現職の厚い壁を破ることは出来ませんでした。しかし、彼の政治にかける情熱は少なからざる方々の共感を得ました。今後の再起を期待したいと思います。
県議会議員選挙は、15名の自民党公認・推薦候補のうち12名が当選を果たし、民主党の過半数の議席を阻止することが出来ました。
本県における政治情勢は依然として、我が党には厳しいものがありますが、次期衆議院選挙を見据えて党勢拡大に一層努力して参りたいと思います。

2011.9.12

 

110912_s01_b.jpg110912_s02_b.jpg110912_s03_b.jpg110912_s04_b.jpg110912_s05_b.jpg110912_s06_b.jpg110912_s07_b.jpg110912_s08_b.jpg110912_s09_b.jpg110912_s10_b.jpg110912_s11_b.jpg110912_s12_b.jpg110912_s13_b.jpg110912_s14_b.jpg110912_s15_b.jpg110912_s16_b.jpg110912_s17_b.jpg110912_s18_b.jpg110912_s19_b.jpg110912_s20_b.jpg110912_s21_b.jpg110912_s22_b.jpg110912_s23_b.jpg110912_s24_b.jpg