10月28日 第55回岩手県戦没者遺族大会

 岩手県遺族会連合会は、本年で発足65周年という節目の年を迎えました。
昭和20年の終戦から早や66年の年月が経過しました。この間、我が国は敗戦による焼け野原から世界有数の経済力をもった国として、そして平和な国として繁栄して参りました。このことは国民の勤勉な努力によるものであることは言うまでもありませんが、先の大戦で国家・民族を守るために一身を捧げたご英霊が国家再建、民族の再生の礎になったことを私たちは決して忘れてはならないと思います。
 今、私達は東日本大震災からの復旧・復興へ向けて苦難の道を歩んでおりますが、終戦直後の困難な状況を思えば必ず乗り越えられるものと信じます。
 戦没者遺族も遺児の世代に移って参りましたが、ご英霊に対する感謝の念を忘れることがないよう、又、先の大戦を決して風化させないよう、心掛けていかなければならないと思います。
 

2011.10.28

20111028_001.jpg20111028_002.jpg20111028_003.jpg20111028_004.jpg