11月14日 自民党岩手県連「市町村重点要望調査」

 県下市町村が抱える課題や予算に係る要望等を把握することを目的とした「市町村重点要望調査」は平成9年から15年間にわたり継続して行われてきました。

 本年も県連役員が順次、全ての市町村に出向いて政策要望をお伺いすることとし、初日の11月14日は雫石町・滝沢村・盛岡市・矢巾町・紫波町・花巻市で実施いたしました。

 東日本大震災復興にむけて、今後、予算が沿岸被災地に重点的に配分されることになりますが、それによって内陸市町村の懸案の事業の進捗が遅れることのないよう、十分な配慮が必要となります。

 自民党岩手県連として、各市町村から出されるご要望を十分精査をして、優先度の高いものからその実現に努めて参ります。

2011.11.14

 

111114_01.jpg 111114_02.jpg 111114_03.jpg 111114_04.jpg 111114_05.jpg 111114_06.jpg 111114_07.jpg 111114_08.jpg 111114_09.jpg 111114_10.jpg 111114_11.jpg 111114_12.jpg 111114_13.jpg 111114_14.jpg 111114_15.jpg 111114_16.jpg 111114_17.jpg 111114_18.jpg 111114_19.jpg 111114_20.jpg