11月23日 自民党岩手県連政経懇談会

 11月23日、自由民主党岩手県支部連合会の政経懇談会が開催され、党本部からは谷垣禎一総裁が出席されました。会場には各々の地域で党勢拡大のために多大のご苦労を頂いている支援者の方々、町村長、友好団体、そして公明党岩手県本部長の小野寺好先生ほか約500名の皆様のご参加を頂き、盛会のうちに催すことができました。

 谷垣総裁は挨拶の中で、①東日本大震災の復旧・復興には与党も野党もなく自民党としてこれまでも、そして、これからも協力していくこと②野田内閣はTPPや消費税率の引き上げなど重要な課題についての国民に対する説明が不十分であること③これら重要課題について野田総理に本当に覚悟があるのか見きわめなければ協力はできないこと④マニフェストに掲げた政策の多くが実現不可能であることが明らかになったうえ、否定していた消費税率の引き上げを行うのであれば、国民の審判を受けなければならないこと。を趣旨とする挨拶がありました。

 来年には衆議院解散・総選挙が行われる可能性は高いと思います。現在、自民党国会議員の議席を有しない岩手ですが、次期衆議院選挙では複数の議席を得ることができますよう、自民党岩手県連として全力をあげて頑張って参ります。皆様の一層のご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2011.11.23

 

111123_s_01.jpg111123_s_02.jpg111123_s_03.jpg111123_s_04.jpg111123_s_05.jpg111123_s_06.jpg111123_s_07.jpg111123_s_08.jpg111123_s_09.jpg111123_s_10.jpg111123_s_11.jpg111123_s_12.jpg