3月2日 山田町震災復興事業着手式

 東日本大震災の発災から間もなく一年を迎えようとしています。私の郷里である山田町では約770名の方々が犠牲・行方不明になられ、約3,300の家屋が流失しました。防潮堤、道路、鉄道、漁港などの社会資本もなくなってしまいました。

 山田町では昨年12月に復興基本計画を策定しましたが、それに基づいた復興事業を進めるため、UR都市機構と協力協定を締結いたしました。

 3月2日、山田町の織笠地区で「山田町震災事業着手式」が行われ、いよいよ復興事業がUR都市機構の協力・支援の下進められることになりました。居宅の高台移転も含め安心して生活できる新しいまちづくりが順調に進むことを心から願っています。

2012.3.2

 

120302_01.jpg 120302_02.jpg 120302_03.jpg 120302_04.jpg 120302_05.jpg

過去の記事一覧

前に戻る 1  2  3  4  5  6  7