5月27日 日中友好は「以民促官」

 岩手県日中友好協会の総会が5月27日、北上市で開催され、私も協会の顧問として出席いたしました。
 国と国との関係は多層的に深まれば深まるほど、軋轢や対立点が次々と出てくることは当然のことであり、避けられないことと思います。
 日本と中国との間の問題も例外ではありません。最近では冷凍餃子事件や尖閣諸島の問題もあり、今日、中国に対する国民の目はとても冷めています。
 私はかって日中国交回復25周年の式典に竹下登元総理の随行で訪中いたしましたが、その折に、中日友好協会会長が日本と中国の間の課題がいかに多くとも「以民促官」(民間の草の根の交流を盛んにすることによって、政府間の問題解決を促す)でやりましょう!との挨拶を、今あらためて想起しています。
 民間の草の根の友好交流の役割りを担うのが岩手県日中友好協会の使命でもあり、協会の一層の発展を期待しております。

2012.5.27

0527_001.jpg0527_002.jpg0527_003.jpg0527_004.jpg0527_005.jpg0527_006.jpg