6月10日 自民党岩手県連青年局・女性局大会

  自民党県連の青年局と女性局の合同大会が6月10日、盛岡市で開催されました。

 内政におけるマニフェストの不履行や外交における度重なる迷走によって、全国的には民主党に対する評価は各種の世論調査に示されるように極めて厳しいものがあります。

 しかしながら、岩手県内においては残念ながら我が党の主張が十分に理解して頂けない状況にあります。

 本日の合同大会では、森まさこ参議院議員から民主党政権下における政治の機能不全の実態について詳しく講演を頂きました。

 東日本大震災によって大きな被害を受けた本県は、民主党政権下における政治の停滞に対する思いは、最早、限界に達しています。

 政治を前に進めるために責任ある政党として、自民党が今こそ頑張らなければなりません。

 次期総選挙において複数の議席を奪還できるよう、青年局・女性局の一層の活動を期待いたします。

 

2012.6.10

 

120611_01.jpg120611_02.jpg120611_03.jpg120611_05.jpg120611_06.jpg