9月2日 自民党岩手県連政経懇談会

 恒例の自民党岩手県連政経懇談会が9月2日、盛岡市で開催されました。

 懇談会には、党本部から谷垣総裁と茂木政調会長の出席を頂き、来賓として友党である公明党岩手県本部の小野寺代表、谷藤県市長会長(盛岡市長)、稲葉県町村会長(一戸町長)をはじめ、各種職域団体の方々のご参加を賜わり、盛会のうちに開催させて頂きました。

 谷垣総裁・茂木政調会長からは、この3年間の民主党政権の下で内政・外交において、いかに日本の国益が損なわれてきたか、今後、自民党が担うべき政策目標について熱のこもった挨拶がありました。

 3年前の総選挙において、自民党は有権者の方々から厳しいご審判を頂き、岩手県では衆参両院をとおして党所属の国会議員が不在になってしまいました。

 民主党政権が国民の支持を失い、内外の諸課題に全く対処出来ない状況の中、来たるべき総選挙では岩手において必ず各選挙区において議席を回復出来るよう、県連としても全力で頑張って参ります。

2012.9.2

120902_s_01.jpg120902_s_02.jpg120902_s_03.jpg120902_s_04.jpg120902_s_05.jpg120902_s_06.jpg120902_s_07.jpg120902_s_08.jpg     120902_s_09.jpg

過去の記事一覧

2011.07.11
 
 
 
前に戻る 1  2  3  4  5  6  7