9月26日 自民党総裁選挙岩手県党員投票

 9月26日、自民党総裁選挙が行われ、決選投票の結果安倍晋三候補が新総裁に選任されました。

 今回の総裁選挙は国会議員による投票(198票)と全国の党員による投票(300票)によって行われました。

 岩手県における党員投票の開票は26日午前11時から党岩手県連会議室で行われ、選挙人数は4,370人、投票総数2.529票(投票率57.87%)でした。

 結果は石破茂候補1.045票、石原伸晃候補738票、安倍晋三候補448票、町村信孝候補207票、林芳正候補77票でドント方式での分配により、岩手県に割り当てられた4票は石破候補2票、石原候補、安倍候補が各々1票を獲得いたしました。

 決選投票の結果は県内の党員投票の結果とは異なったものになりましたが、安倍総裁の下、挙党一致で現下の難局に当らなければなりません。

2012.9.26

120926_s_01.jpg120926_s_02.jpg120926_s_03.jpg120926_s_04.jpg120926_s_05.jpg120926_s_06.jpg