俊ちゃんNEWS

3月10日 国道106号線梁川道路開通式

 内陸から沿岸を結ぶ国道106号線は平成6年に地域高規格道路に指定をされて逐次、改良整備がなされてきました。

 その一区間の梁川道路は今後建設される梁川ダムによって水没する現行道路の代替として整備が進められてきました。

 一時は民主党から費用対効果の観点からの批判をうけて凍結もされましたが、対向二車線にすることにより整備が再開された経緯もありました。

 道路の評価は単に〝時間あたりの自動車の交通量〟のような数字だけで判断されるべきものではありません。

 私たちは一昨年の東日本大震災で痛切に経験したように、道路はまさに人命の生存に関わる重要かつ基本的なインフラです。

 国道106号線は「復興支援道路」に指定されて今後集中的に整備が進められますが、その一部をなす簗川道路の開通が東日本大震災の復興を加速させるうえで大きな力となることを心より期待いたします。

2013.3.10

130310_s_01.jpg130310_s_02.jpg130310_s_03.jpg130310_s_04.jpg