復興は私の使命

3月11日 東日本大震災・大津波山田町犠牲者二周年追悼式

 3.11東日本大震災から2年、国及び被災県市町村においても地震発生の14時46分に黙祷を捧げ、追悼式が挙行されました。

 私も郷里山田町の追悼式に参列をし、犠牲となられた方々の御冥福をお祈りし、献花をして参りました。

 故郷を離れて暮らす方々、仮設住宅での生活を続ける方々など未だ不自由な生活を余儀なくされている皆様が望まれる復興を一日でも早く実現し、被災地そして被災者皆様にとって平穏で幸福に溢れていた日常を取り戻さなければなりません。

 今、住民皆様の生命と財産を守るインフラ整備が進められています。もともと被災地である三陸沿岸は、都市部に比較してインフラ整備が遅れている地域であったため、命の道路、新たな防潮堤、住居の高台移転、新たな街づくり等、整備が必要とされる箇所はかなりの数に上ります。ソフト面においても被災者の心のケア、地域の伝統文化保護育成など、地域のコミュニティーを未来へ受け継ぐために必要な課題の解決も必要とされております。

 私は被災県選出議員として、また、被災者の一人として被災地のご要望にお応え出来るふるさとの復興に全力で取り組んで参ります。

 今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2013.3.11

130311_01.jpg130311_02.jpg130311_03.jpg130311_04.jpg