俊ちゃんNEWS

4月21日 第66回自民党岩手県連大会

 4月21日(日)、第66回自由民主党岩手県支部連合会定期大会が開催されました。

 大会には、党本部から浜田靖一幹事長代理が出席したほか、達増岩手県知事、小野寺公明党岩手県本部代表、谷藤市長会長、稲葉町村会長、石川県医師会長、大井県漁連会長をはじめとする多くのご来賓にもご出席を頂きました。

 浜田幹事長代理からは、参議院選挙での勝利に向けた党一丸となった体制の強化や、東日本大震災からの早期復興に向けた取り組みへの強い決意などが述べられました。 

 また、友党である小野寺公明党岩手県本部代表からも参議院選挙に向けて力強い激励のご挨拶を頂きました。

 昨年の衆議院議員総選挙で、自民党は岩手県内4選挙区全ての候補者が当選を果たすことが出来ました。県内における党勢の一層の拡大に向け、衆議院4選挙区支部が中心となって取り組み、参議院岩手選挙区第一支部長田中真一氏、各比例代表候補予定者の勝利と安定した政治体制の確保、東日本大震災からの早期復興に向け全力を尽くして参ります。皆様の一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

2013.4.21

130421_s_001.jpg 130421_s_002.jpg 130421_s_003.jpg 130421_s_004.jpg 130421_s_005.jpg 130421_s_006.jpg