「北海道北東北縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟」視察

 12月26日、私が会長を務める「北海道北東北縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟」の構成資産視察が岩手県一戸町御所野遺跡と秋田県鹿角市大湯環状列石で行なわれました。
 縄文文化は定住生活を行ない、優れた狩猟採集技術を持ち、土器を作り煮炊きなどの調理や貯蔵も行なうなど優れた文化を持っていました。
 縄文人は私たち現代人の祖先であると言えます。  縄文文化は東アジアを中心に栄え、北海道・北東北には三内丸山遺跡をはじめ大規模な遺跡が多く発掘されています。
 私たちは日本人の祖であるこれらの遺跡の世界遺産登録を目指し、国内外で積極的に活動を展開し、北海道と北東北の新たな発展に全力を尽くして参ります。

2016.12.26

161227_01re.jpg161227_02re.jpg161227_03re.jpg161227_04re.jpg161227_05re.jpg161227_06re.jpg161227_07re.jpg161227_08re.jpg