自民党フラワー産業議員連盟

 2月2日、自民党フラワー産業議員連盟(河村建夫会長)の皆様が大臣室を来訪され、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの国産花卉使用についてご要望を頂きました。
 山東昭子顧問、江藤拓幹事長をはじめ議連の皆様から、ビクトリーブーケや選手村等での被災地をはじめとする国産花卉の積極的使用についてご要望を頂きました。
 岩手県にもリンドウをはじめ素晴しい花が生産されていますが、東京オリンピック・パラリンピックは美しい花卉など伝統美に溢れた日本文化を世界に発信出来る良い機会であり、復興五輪に相応しい大会に出来るよう、関係各機関と協力してしっかりと取組んで参ります。

2018.2.2

180206_01.jpg