ロンドン視察

 5月2日から4日間、2012オリンピック・パラリンピック開催地のイギリス・ロンドンを訪問、パラリンピック発祥の地であるストークマンデビル病院やストークマンデビルスタジアム、サイバーセキュリティ施設NCSCなどの関連施設を視察すると共に、フイールド外務省閣外大臣やスウイーニー英国オリンピック委員会CEOとの会談、英日議連スポーツ小委員会出席などを行いました。
 2020年、世界中から来日する観客の方々が安全な環境で安心して観戦出来るきめ細やかなサービスなど諸対策を徹底し、1964年以来となる日本開催の平和の祭典成功への取り組みを進める上で有意義な視察となりました。
 今後とも、大会終了後のレガシー(遺産)の利活用をはじめ、復興オリンピックの恵みを被災地にも波及出来るよう、尚一層、全力で取組んで参ります。
 皆様のご指導、ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。

2018.5.7

180510_01re.jpg 180510_02re.jpg 180510_03re.jpg 180510_04re.jpg 180510_05re.jpg 180510_06re.jpg 180510_07re.jpg 180510_08re.jpg 180510_09re.jpg 180510_10re.jpg 180510_11re.jpg 180510_12re.jpg 180510_13re.jpg 180510_14re.jpg 180510_15re.jpg 180510_16re.jpg