土坂峠トンネル化シンポジウム2018

 10月28日、大槌町で「土坂峠トンネル化シンポジウム2018」(実行委員会会長 平野公三大槌町長)が開催されました。

 県中央部と沿岸部を結ぶ道路は、県土を縦断する北上山地によって多くの交通難所を抱えています。この難所の解決は多くの先人先輩方からの悲願であり、私も早坂峠のトンネル化、仙人峠や国道106号の整備等、地域の皆様と力を合せて実現して参りました。

 土坂峠トンネルのトンネル化構想から57年、平成13年には最終ルートが決定しましたが、地域の方々の悲願実現に向けて、尚一層、全力で取り組んで参ります。

2018.10.28

181028_2_1re.jpg