リニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟

  10月29日、私が副会長を務める「リニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟」(代表 河村建夫衆議院議員)」はドイツ連邦議会のステファン・カウフマン議員はじめ関係者と意見交換を行いました。

 カウフマン議員からは、「ヨーロッパの研究者やドイツ政府は日本誘致に友好的であり、年内の日本国の誘致に向けたより積極的姿勢が必要である」との意見が述べられました。

 現在、ILC誘致に向けて東北地域は一致団結して着実かつ綿密に準備を進めており、日本政府に対し、国家プロジェクトへの位置づけ、通常の科学技術・学術・大学予算とは別枠の予算措置を強く要望しております。

 世界の「国際公共資産」であるILCが東北地方、そして日本の成長戦略に果たす役割は極めて大きなものがあります。

 復興を成し遂げた後の新しい東北・岩手創造の実現を図るためにも、ILC誘致実現に向け皆様の一層のご理解とご支援をお願い致します。

2018.10.29

181029_1re.jpg181029_2re.jpg181029_3re.jpg181029_4re.jpg