「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」世界遺産登録に向けた要望について

 12月11日、私が会長を務める「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」世界遺産登録推進議員連盟と縄文遺跡群世界遺産登録推進本部(本部長三村申吾青森県知事)、4道県議会(北海道・青森県・岩手県・秋田県)による世界遺産登録に向けた要望を菅義偉内閣官房長官に対し実施しました。

 本年7月には、文化審議会世界文化遺産特別部会において国内推薦候補に選定され、政府からユネスコへの推薦書正式版を提出して頂けるよう準備を進めて来ました。

 引き続き、関係自治体が一丸となって早期の世界遺産登録に向けて取組みを進めて参ります。皆様のご理解とご支援をお願い致します。

2018.12.11

181211_1re.jpg181211_2re.jpg181211_3re.jpg181211_4re.jpg