平成30年度葉たばこ買入れ視察

 1月8日、岩手県たばこ耕作組合の平成30年度葉たばこ買入れの視察を行いました。

 葉たばこ生産は、岩手県のように寒冷な中山間地域の農業生産条件不利地では、安定的収入源として重要な作目となっています。岩手県は東北各県でも最多の1,100戸を越す葉たばこ耕作農家があり、地域の特色を活かした地方創生を図る上で、全国有数の葉たばこ生産を誇る岩手の葉たばこ耕作振興は重要課題の一つとなっています。

 現在、たばこに関する状況は、喫煙規制、消費量減少など厳しいものがあり、喫煙者、非喫煙者が共に快適に生活出来る分煙社会の実現を目指すと共に、党たばこ特別委員会顧問として、地域経済の重要な収入源である葉たばこ耕作の振興発展に努めて参ります。

2019.1.8

190108_1re.jpg190108_3re.jpg190108_4re.jpg190108_5re.jpg190108_6re.jpg