三陸鉄道リアス線開通記念列車出発式・記念式典・祝賀会

  3月23日、「三陸鉄道リアス線開通記念列車出発式・記念式典・祝賀会」に出席致しました。

 開業から三十数年、三陸鉄道は三陸沿岸地域住民の日常の足として、また、観光推進の足として沿岸振興に大いに寄与されて参りました。

 しかし、東日本大震災で鉄道は寸断され、地域の方々から一日も早い復旧を待ち望む切実な声が上がっていました。

 本日の開通で大船渡市盛から久慈市までの全線が繋がり、復興のシンボルである三陸鉄道が新たな三陸沿岸地域の実り豊かな発展に大いに寄与されることを心からご期待申し上げます。

2019.3.23

190321_1_1re.jpg190321_1_2re.jpg