自民党岩手県連新型コロナウイルス対策要望

 5月18日、自由民主党岩手県支部連合会会長藤原崇衆議院議員、同副会長高橋ひなこ衆議院議員が新型コロナウイルス対策要望で総務会長室を来訪されました。

 岩手県では5月18日現在、感染者数ゼロを維持継続しています。県民各位のご尽力に心から敬意と謝意を表します。

 岩手県内におきましても、新型コロナウイルス対策に係る経済的な影響は深刻かつ緊急性を要するものがあります。自民党岩手県連では、関係各所に聞き取りを行ったものを取り纏め、本日、藤原会長、高橋副会長が代表して要望のため来訪されました。

 感染予防と経済活動の両立を確実に果たし、岩手県民の生命と生活を守り抜き、東日本大震災復興創生期最終年度を迎えた郷里が新たな発展を遂げられるよう、全力を尽くして参ります。

2020.5.18

200518_1re.jpg200518_2re.jpg