令和2年 豪雨災害視察

 7月20日、豪雨災害による被害の状況を把握するため、自由民主党に設置された「令和2年豪雨災害対策本部」(本部長 二階俊博幹事長)の副本部長として岐阜県及び長野県の視察を行いました。

 今回の豪雨による被害はともすると九州地方が注目されがちですが、岐阜、長野においても河川、土砂崩れ、道路、鉄道など多岐にわたる甚大な被害が発生しております。

 自由民主党も政権与党としてすべての被災地に配慮し、被災地の皆様が一日も早く従来の生活を取り戻すことが出来るよう、政府と一体となって全力を尽くして参ります。

2020.7.20

200720_1re.jpg200720_2re.jpg200720_3re.jpg200720_4re.jpg200720_5re.jpg200720_6re.jpg