自民党岩手県連新型コロナウイルス対策要望

 7月7日、自由民主党岩手県支部連合会会長藤原崇衆議院議員、同副会長高橋ひなこ衆議院議員はじめ執行部役員皆様が新型コロナウイルス対策要望で総務会長室を来訪され、関係各所に聞き取りを行い取り纏めた事項、

① 医療提供体制強化等
② 地域経済対策
③ 新たな生活様式による県民への影響の対策等
④ 教育機会の確保と相談体制等
⑤ 東日本大震災被災事業所等への支援
⑥ 地方自治体の負担に対する適切な財源措置等

 について要望を頂きました。

 岩手県では県民皆様のご努力により、7月6日現在、感染者数ゼロを維持継続していますが、今後も感染予防と経済活動の両立を確実に果たし、岩手県民の生命と生活を守り抜き、東日本大震災復興創生期最終年度を迎えた郷里が新たな発展を遂げられるよう、全力を尽くして参ります。

2020.7.7

200707_2_1re.jpg200707_2_2re.jpg