自民党砂防事業促進議員連盟申し入れ

 11月19日、私が会長を務める自民党砂防事業促進議員連盟では、総会で決定した決議実現のため、内閣府人事局長と財務省主計局長に申し入れを行いました。

 決議の内容は

〇砂防関係事業の強力な推進

〇甚大な土砂災害が発生した箇所における迅速な復旧・復興

〇土砂・洪水氾濫や流木災害に対する対策の強化

〇砂防施設における施設効果の最大化及び老朽化対策の推進

〇火山地域における土砂災害対策の強化

〇土砂災害に対する警戒避難体制の整備並びに避難行動における実効性の向上

〇土砂災害の防止・軽減に関する組織の強化並びに人材育成の強化

 です。

 日本は、急峻な地形、脆弱な地質、台風、地震、火山等の多くの自然災害リスクに晒され、それらに起因する災害に見舞われ続けて来ました。

 砂防事業はこのような災害から国民の生命、生活を守るために大切な事業であり、特に最近の気象変動による想定を超えた自然災害への万全な防災、減災対策が強く求められています。

 今後とも、安全安心な国土強靭化に向けて全力を尽くして参ります。

2020.11.19

201119_1re.jpg201119_2re.jpg