自民党 環境・温暖化対策調査会 申し入れ

 このたび、私が会長を務める自由民主党 環境・温暖化対策調査会にて取りまとめた「地球温暖化対策計画の見直しに向けた提言」を二階幹事長、小泉環境大臣、加藤官房長官に手交し、その実現を要望いたしました。

 気候変動による地球温暖化は自然災害の多発、水産資源の減少などさまざまな影響を私たちに及ぼしております。また2050年カーボンニュートラル(脱炭素社会)の実現に向けた取り組みは今後さらに推進していかなければなりません。

 そのために今回の申し入れでは、再生可能エネルギーの導入促進や脱炭素技術の開発、CO₂吸収源となる森林整備の推進、脱炭素化に向けた国際貢献・国際協力など多岐にわたる項目について提言いたしました。また、脱炭素社会への移行が経済、雇用に悪影響を及ぼすことが無いよう、地方創生と脱炭素化の同時実現を進めることも併せて求めたところです。

2021.6.1

210601_1re.jpg210601_2re.jpg210601_3re.jpg