自由民主党総裁選挙

 9月17日、自由民主党の総裁選挙が告示されました。コロナ禍における次の日本のリーダーを決める大事な選挙です。
 私は岸田文雄候補の推薦人となり、出陣式にも出席して参りました。
 私が岸田候補を推薦する理由は

  1. 地方にとっては急進的ではなく地に足のついた漸進的な改革が必要であると考えるからです。特に新自由主義がもたらす市場原理に基づく優勝劣敗の考え方は、体力の少ない地方にとって厳しい状況を生んでいます。岸田候補はこの新自由主義的な政策の転換も公約に挙げておりますし、実現可能な改革を進めていける候補だと思います。
  2. 私の父、鈴木善幸は最期まで宏池会がまた1つにまとまり日本の政治をリードする集団に戻ることを願っており、今で言う「大宏池会構想」は父からの政治的な遺言だと思っております。かつて私も宏池会の再構築のため苦心いたしましたが成就できないでおりました。岸田候補は宏池会の会長であり、組織として1つになるわけではありませんが、宏池会の流れの中から総裁を誕生させることは、父の願いにかなうものだと思っております。

 日頃より私の政治活動をお支え頂いている皆様には私の想いをご理解いただき、自民党員で投票権をお持ちの皆様には何卒岸田文雄候補をご支援いただきますようお願い申し上げます。

2021.9.17 

20210917_1re.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20210917_2re.jpg

20210917_3re.jpg