車座対話 財務大臣

 11月27日、新潟県糸魚川市にて、昨日に引き続き車座対話を行って参りました。

 私の母方の祖父が旧能生町(現糸魚川市)にて能生水産学校(現新潟県立海洋高校)の教師をしており、母もこの地で暮らしたことがあったご縁から糸魚川市での開催をさせていただきました。また、糸魚川市は5年前の平成28年12月に大火に見舞われ大きな被害を受けたわけですが、私も東日本大震災の被災地出身の議員として、糸魚川市の復興の様子も気になっておりました。

 本日は糸魚川市で働く6名の方にご参加をいただき、復興に対する想いや地方都市での仕事のご苦労などお話を伺いました。皆さん災害を乗り越え、地域の資源や人材を生かしながら地域活性化を進めておられ、その前向きな取り組みに感銘を受けました。

 本日頂戴したご意見、ご要望をしっかりと受け止め、今後の政策運営に繋げて参りたいと思います。

2021.11.27

20211127_2re.jpg20211127_3re.jpg20211127_4re.jpg