俊ちゃんNEWS

宮古盛岡横断道路 蟇目~腹帯、川井~箱石、平津戸・岩井~松草開通式

 3月28日、「宮古盛岡横断道路 蟇目~腹帯、川井~箱石、平津戸・岩井~松草開通式」が大西国土交通副大臣、吉川復興大臣政務官ご出席の下、開催され私も出席致しました 。

 盛岡と宮古を結ぶ国道106号線は線形不良箇所が点在し、災害や事故による通行止めが発生する頻度が高い路線でした。

 平成28年8月に岩手県内を襲った台風28号では、106号線も通行が遮断され地域の日常生活、経済活動に大きな被害、影響をもたらしました。

 東日本大震災からの復旧・復興の主要路線としても活用され、大きな役割を果たした106号線の整備は、沿岸地域と県央内陸部との格差是正に向けた三陸沿岸地域住民の長年に亘る悲願でありました。

 本日の開通により、安全安心の向上、時間短縮による産業振興、地域間交流推進が図られ、三陸沿岸地域の復興から新たな発展に向け大いに寄与することが期待されます。

 私も均衡のとれた郷土の発展に向けて、更に全力を尽くして参ります。

 皆様の変わらざるご指導、ご鞭撻を賜りますことを心からお願い申し上げます。

2021.3.28

20210328_2_1re.jpg20210328_2_2re.jpg

自民党岩手県連総務会

 3月28日(日)、新型コロナウイルス感染症対策として自民党岩手県連大会に代わる「自民党岩手県連総務会」が盛岡市において開催されました。

 会場には各市町村支部、職域支部より代表一人が出席され、通常の県連大会と同会場で万全な感染対策の下で開催されました。

 世界中でコロナウイルスとの戦いが続けられ、日本国内でも首都圏をはじめ地方においてもその感染力は衰えを見せず、今後は私たち個々人の強い自覚と自制、経済活動との連携を取った的確な感染対策が求められています。

 3月21日に開催された第88回党大会において菅総裁が「新型コロナという国難を乗り越え、日本の伝統を守る。多様性と創造性を大切にしながら、日本を次の世代に引き継いでいく。その先頭に立って闘い抜く決意だ」と述べられたように、自民党岩手県連も東日本大震災から十年、ふるさと岩手の豊かで希望に満ちた郷土づくりに向けて県民と力を合わせて歩みを進めて参ります。

2021.3.28

20210328_1_1re.jpg20210328_1_2re.jpg

三陸沿岸道路(侍浜IC~洋野種市 IC)開通式

 3月20日、三陸沿岸道路(侍浜IC~洋野種市IC)開通式が開催され出席致しました。

 東日本大震災から10年、私も関係各機関、地域の方々と共に「命の道路・三陸沿岸道路」の整備促進に取り組んで来た一人として感慨深いものがありました。

 本日の開通により、安心安全な県民生活構築、時間短縮による産業振興、地域間交流推進が図られ、三陸沿岸地域の復興から新たな発展に向け大いに寄与することが期待されます。

 三陸沿岸道路は復興のリーディングプロジェクトとして、令和2年度中の全線開通を予定していましたが、田野畑村内の橋、譜代村内、野田村内のトンネル工事が遅れたため、令和3年度中の早期全線開通を目指し、鋭意整備を進めております。

 本日は、開通式前に洋野町役場で水上信宏町長からコロナ対策等についてもご要望を頂きました。

 「豊かな国づくりは豊かな地域づくりから」の初心を胸に、日本の未来創生に向けて更に全力を尽くして参ります。

 皆様の変わらざるご指導、ご鞭撻を賜りますことを心からお願い申し上げます。

2021.3.20

210320_1re.jpg210320_2re.jpg210320_3re.jpg