俊ちゃんNEWS

自民党岩手県第二選挙区支部大会

 7月26日(日)、私が支部長を務める「自由民主党岩手県第二選挙区支部大会」が盛岡市において開催されました。

 例年は年度末時期に党県連大会と同日に開催しておりましたが、本年は新型コロナウイルス感染症により開催を延期しておりました。

 5月の緊急事態宣言解除を受け、参加者人数を制限をした上で三密、ソーシャルディスタンス等の感染症対策を万全に行ない、党員・党友各位のご理解とご協力を頂き、約4か月遅れで開催することが出来ました。

 復興創生期最終年度を迎えた本年度は、復興から郷土の新たな発展へと更なる歩みを進めて行く上で大切な年度であります。本州一広い選挙区の第二選挙区支部内30支部の代表者、職域支部の方々が一堂に会し、今後の活動についてしっかりと協議を頂き、志を一つに出来たことは誠に有意義なことであり、心から感謝と御礼を申し上げます。

 今後とも、第二選挙区支部は岩手県の復興完遂、未来創生、党勢拡大に一丸となって取り組み、新型コロナウイルス感染症の感染防止、拡大阻止、早期収束と県内感染者ゼロの維持継続に努めて参ります。

2020.7.26

200726_1re.jpg200726_2re.jpg200726_3re.jpg200726_4re.jpg

令和2年 豪雨災害視察

 7月20日、豪雨災害による被害の状況を把握するため、自由民主党に設置された「令和2年豪雨災害対策本部」(本部長 二階俊博幹事長)の副本部長として岐阜県及び長野県の視察を行いました。

 今回の豪雨による被害はともすると九州地方が注目されがちですが、岐阜、長野においても河川、土砂崩れ、道路、鉄道など多岐にわたる甚大な被害が発生しております。

 自由民主党も政権与党としてすべての被災地に配慮し、被災地の皆様が一日も早く従来の生活を取り戻すことが出来るよう、政府と一体となって全力を尽くして参ります。

2020.7.20

200720_1re.jpg200720_2re.jpg200720_3re.jpg200720_4re.jpg200720_5re.jpg200720_6re.jpg

自民党中央政治大学院 ネットDeマイ(出前)講座

 7月15日、自由民主党中央政治大学院(学院長 中谷元衆議院議員)が主催するインターネット講座の収録がありました。

自由民主党中央政治大学院は自民党が国や地域の将来を担うのにふさわしい人材を発掘、養成するために、総裁直轄機関として設置された大学院です。

 現在、都道府県支部連合会に、「地方政治学校」が開講しておりますが、新型コロナウイルス感染症のため講師が各都道府県に伺うことが困難であるため、そのかわりに党役員がインターネット講座に出演しております。

 講座の中では総務会の役割や私が政治家として大切にしていることをお話しいたしました。

 動画は後日、党の中央政治大学院のWEBサイトにて公開される予定ですので、公開になりましたらまたご報告させて頂きます。

2020.7.15

20200717_1re.jpg20200717_2re.jpg20200717_3re.jpg

三陸沿岸道路(宮古中央JCT~田老真崎海岸IC) 宮古盛岡横断道路(宮古港IC~宮古中央IC)開通式

 7月12日、三陸沿岸道路(宮古中央JCT~田老真崎海岸IC)宮古盛岡横断道路(宮古港IC~宮古中央IC)の開通式が大島理森衆議院議長、御法川信英国土交通副大臣ご出席の下、開催されました。

 私も地域の方々、関係各機関と共に、三陸沿岸地域間を結ぶ「命の道路」と三陸沿岸部と県央部を結ぶ「東日本大震災復興関連道」の整備推進に全力で取り組んで来ました。そして、着実に確実に整備が進められ、安心安全な県民生活構築が図られると共に、大幅な時間短縮による産業振興、地域間交流推進にも大いに寄与して来ました。

 東日本大震災復興創生期を迎え、復興の完遂と三陸沿岸地域の新たな発展に向け、更に全力を尽くして参ります。

2020.7.12

20200712_1.jpg20200712_2.jpg20200712_3.jpg20200712_4.jpg

自民党岩手県連新型コロナウイルス対策要望

 7月7日、自由民主党岩手県支部連合会会長藤原崇衆議院議員、同副会長高橋ひなこ衆議院議員はじめ執行部役員皆様が新型コロナウイルス対策要望で総務会長室を来訪され、関係各所に聞き取りを行い取り纏めた事項、

① 医療提供体制強化等
② 地域経済対策
③ 新たな生活様式による県民への影響の対策等
④ 教育機会の確保と相談体制等
⑤ 東日本大震災被災事業所等への支援
⑥ 地方自治体の負担に対する適切な財源措置等

 について要望を頂きました。

 岩手県では県民皆様のご努力により、7月6日現在、感染者数ゼロを維持継続していますが、今後も感染予防と経済活動の両立を確実に果たし、岩手県民の生命と生活を守り抜き、東日本大震災復興創生期最終年度を迎えた郷里が新たな発展を遂げられるよう、全力を尽くして参ります。

2020.7.7

200707_2_1re.jpg200707_2_2re.jpg

ILC議連 茂木外務大臣への申入れ

 7月7日、リニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟(会長 河村健夫衆議院議員)による茂木外務大臣への申入れが行われ、私も議連の副会長として参加いたしました。

 茂木外務大臣にはアメリカ合衆国より日本でのILC誘致を後押しする旨の書面が届いており、ILCが科学技術のみならず国家安全保障の観点からも重要な研究施設であること認識いただいておりますが、議連からも日本誘致に前向きな検討をしていただくようお願いをしたところです。

 日本のそして東北の未来創生に必要不可欠であるILCの北上山地への誘致に向け、引き続き全力を尽くして参ります。皆様のご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

2020.7.7

200707_1_1re.jpg200707_1_2re.jpg